--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-08-03(Sun)

セカンドオピニオン~Part2

ドキドキの診察がはじまります。。。

今までの経過・・・
かかりつけの病院での対応の一部始終を説明

もちろん手術をすすめられたことへの不信感はありません
わかりやすくいろんな話をしてくれた先生への敬意もあります
だけど、ここへきた理由もしっかりあって
迷いもあって
結果次第では手術はここで受けたいと思っていること
飼い主の思いをしっかり伝えました。

膝蓋骨脱臼
簡単な手術のように言われる先生が多いが
ほんとうはとても難しい
再手術がどれだけ多くの割合でおこなわれているか
その理由
たくさんのお話を聞かせていただきました

日本でも完璧にそのこにあった手術ができる先生は2人

靭帯、筋肉、骨の形状・・・etc・・・
麻酔をした状態から普段の状態に合わせて手術を行うことが必要なこと

とにかく懇切丁寧に説明をしていただきました。

今の歩き方を見てみましょう!

「もん太く~ん」
はい。先生のところへは行けるはずもありません。。。

今度は反対から
「もん太~」
ママさんパパさん手招きで呼びます!

はい。もん太微動だにしません

ここでもビビリ炸裂

先生「歩いてくれないとなぁ~(笑)」

そんなこんなで
「じゃあ、レントゲン撮ってみましょうね
一時間後にお迎えきてください」

ということで
しばしお別れです

受付の方に食事に行ってきますと伝え外に行こうとしたら

「この辺りの飲食店です」
ってお店の紹介がされたペーパー2枚

この近辺はまったくわからないので
心遣いが嬉しかった

久々の夫婦水入らずランチ
なんだか変な感じでした

Part3に続く~


20140721_164106_convert_20140721221105.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

手術で辛い思いをさせるのに
それが再手術になることは避けたいですよね

ももが最初にかかっていた病院で
手術した後の再発について伺ったら
うちの病院では10年ぐらい前の精度の手術になります
それが嫌なら他に行ってくださいって
それまでその病院で手術するためにいろいろ見てもらってきたのに
細かな事を聞いたことで先生は怒ったみたいです
でも聞いてよかった
そんな病院でももの手術は任せられない
それで専門の病院で見てもらって手術をしました

手術することになるのかなぁ
もし手術になっても
もん太くんにとっていい結果でありますように

もも&あずきまま

ももちゃんがんばったんですね!
我が家も先生に根掘り葉掘り納得いくまでききました
丁重に答えていただきほんとに信頼できると思いました
飼い主の判断でしか結果をえらべない
ちっちゃい命は大切に守りたいと思いました
納得いくまで聞かなくちゃ!ですよね!
プロフィール

もんみるママ

Author:もんみるママ
2012/5/12産まれ
ヨーキー♂
我家のもん太をよろしく!

2012/11/16産まれ
トイプー♀アプリ
おてんばみるきぃもよろしく!

ありがとう
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ランキング参加中
ランキングに参加しています♪
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。